「酵素ドリンク」は手軽に摂取できる

酵素が不足すると体調不良の原因に

酵素は消化を助けたり新陳代謝を活発にしたりと、体にとって欠かせない成分です。酵素が不足すると食べたものをエネルギーに変換しにくくなるだけでなく、新陳代謝が衰え免疫力の低下やホルモンバランスの崩れにもつながります。酵素が不足した状態が続くと体調不良の原因にもなり、生活習慣病を引き起こしやすくなります。
そのため、体内での生成量を増やすために外部から酵素を取り入れることが大切です。酵素は野菜や果物に多く含まれているため、それらを食べるのが手っ取り早い方法です。しかし、酵素は加熱すると壊れてしまうため、生野菜のサラダや生のフルーツなど、熱を通さずに食べる必要があります。調理した野菜では酵素を摂取することが不可能なのです。

手軽に摂取するなら酵素ドリンクがおすすめ

毎日生野菜のサラダを食べたり、朝食をフルーツにしたりなどの方法もありますが、最も手軽に酵素を摂取する方法としては、酵素ドリンクがおすすめです。酵素ドリンクは濃縮タイプのものを炭酸水や牛乳、フルーツジュースなどで割ったり、そのまま飲めるものなど色々な種類があります。100種類以上の野菜や果物を発酵させて作っているものもあるので、野菜サラダやフルーツで摂取するよりもたくさんの酵素を体内に入れられるのがメリットです。
色々なフレーバーが用意されていたり、炭酸水や牛乳などと混ぜて味を変えたりすることもできるので、毎日飲んでも飽きないのも魅力でしょう。時間がない時でもさっと飲め、健康習慣として毎日の生活に取り入れやすいのも魅力です。